ニキビ跡など赤ら顔!おすすめの化粧水は?

 

「ニキビにいいと言われる、化粧品を使ったけど、赤ら顔のまま・・・」

 

ニキビ対策用の化粧水は顔の脂が多い、オイリー肌向けの商品が多く、

 

乾燥などで皮膚のバリア機能が弱まる人向けのコスメは少ないです。

 

そこで、今回は、”赤ら顔(※ニキビ跡含む)対策の化粧水”のランキングを解説します。

 

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

赤ら顔Q&A

 

赤ら顔が気になる人

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの?他に原因はある?

 

赤ら顔にもタイプがあります。体質は基本的ですが、他に原因を挙げると「のぼせ(風呂上がり)」や炎症・日焼け(違った症状)などですが体質だと血流と皮膚に密接な関係性があるでしょう。

 

色白の人がいきなり恥ずかしくなって顔が熱くなると赤ら顔が成立します。また、いきなり体温が上がると血流の関係で赤みが出てきます。そのような症状が嫌ならば、スキンケア製品で対処すると改善されるでしょう。

 

赤ら顔は血流が良くなるとハッキリ表れます。しかし、血流が良くないと赤みは引くのが特徴的です。赤くなってきたら冷たいタオルやアイテムで冷やせば静まるでしょう。表面的な皮膚トラブルが原因ではないですから、注意すべきです。また、色白な人に多い症状ですから、気をつける必要はあります。

 

他に原因があるとしたら、お風呂上がりの「のぼせ」ですが、これは一過性の症状です。時間が経過すれば鎮まるため、放置して構いません。また、急に激しい運動をして体温が上がると赤ら顔になりやすいですが、これも一過性で落ち着けば直ります。日焼けや炎症は皮膚病です。血流とは関係ないですが、赤ら顔になってしまいます。時間の経過と共に治りますが、時間は必要になります。

 

 

顔の乾燥肌!考えられる原因

 

いつもしっかりスキンケアをしているのに乾燥してしまうという顔の乾燥肌に悩む方は多くいます。顔が乾燥すると小じわができやすくなり、シミやくすみなどのエイジングサインも現れやすくなります。そんな乾燥肌を引き起こすとして考えられる原因は肌のバリア機能の低下です。
肌には元々備わっている保水力と保湿力からなるバリア機能があります。しかし、この機能は加齢や間違ったスキンケアにより低下してしまいます。まず、加齢と共にターンオーバーが低下すると肌表面には古い角質が蓄積しやすくなります。古い角質には保水力や保湿力がないため、肌が乾燥してしまうのです。また、スキンケアも刺激が強い成分が含まれていたり、摩擦が強すぎると肌にダメージを与えてバリア機能を低下させてしまいます。そのため洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使い続けていると、肌を徐々に乾燥させてしまうのです。
このように、顔の乾燥肌の原因はバリア機能の低下です。そのため、このような肌質を改善するためには、浸透性が高く、低刺激処方のスキンケアを使うことをおすすめします。それにより低下したバリア機能を改善できるので、肌の乾燥を防ぎ、エイジングサインも予防・改善することができます。

 

ニキビ跡ができる原因とは?

 

思春期になると、にきびが出来やすくなります。
男女共にホルモンバランスが乱れてしまい、肌が荒れてしまうのです。
ニキビ跡が出来てしまうこともあります。

 

赤みや傷が残ってしまう人もいるのです。
早く治る人もいる中で、どうしてニキビ跡が残ってしまうのかわからない人もいます。
その原因としては、個人の肌質にもよるのです。
小さなニキビなら、綺麗に治る可能性は高いと言われます。

 

しかし、大きなニキビや長時間治らないニキビが出来た時には跡として残りやすいです。
肌の表皮はすぐに生まれ変わりますが、奥深くにある真皮と呼ばれる部分までダメージが及ぶとすぐには治りません。
肌表面からは見えていない部分に傷が出来たり、炎症が進んでしまうと、綺麗に治すことは難しいです。

 

ニキビ跡が一度出来てしまうと、スキンケアを頑張ってもすぐには綺麗になりません。
長い時間をかけて、自然に治る場合もありますが、炎症が進み肌の奥まで傷ついている状態ではスキンケアでも治らないことが多いです。
赤みのニキビは、数か月程かけて薄くなる場合もあります。

 

真皮と呼ばれる組織は、表皮に比べるとすぐには生まれ変わらないからです。

 

毛穴の開きになってしまうと、残念ながらすぐ綺麗にはなりません。

 

敏感肌になる原因とは?

 

化粧品を変えていないのに肌がヒリヒリする、衣類が触れただけでも痒かったり、
些細なことで赤みになってしまうなど肌が敏感になっている状態のことを敏感肌といいます。

 

肌が敏感になってしまうと化粧のノリも悪くなり、肌トラブルも増えてしまうためすぐに対策することをオススメします。

 

対策を立てるには、原因を知ることが重要です。

 

原因としては、乾燥、不適切なスキンケア、ホルモンバランスの乱れが主な原因となることが多いとされています。

 

乾燥は肌の水分と油分が少なくなっている状態です。紫外線によるダメージや外気による乾燥、季節の変わり目、栄養不足や寝不足、加齢など様々な要因が考えられます。

 

不適切なスキンケアは、力強く肌をこすってしまう、洗顔を何度も行ったり、スキンケアを少量で行うなどが挙げられます。

 

ホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足、疲れなどによって引き起こされます。女性であれば生理周期などの影響もあります。

 

このようなことから、敏感肌を改善するにはスキンケアの見直しと同時に、スキンケアのやり方や生活習慣などを改善することが必要となってきます。

 

スキンケアを選ぶときには高い保湿力のあるケア用品を選び、丁寧なクレンジングや洗顔を意識をして、ストレスを溜めない規則正しい生活を行うことなどが大切です。

 

オイリー肌(脂性肌)になる原因とは?

 

顔のテカリが気になる、ベタつきが気になるという場合は肌がオイリー肌(脂性肌)になっていることが考えられます。

 

オイリー肌(脂性肌)とは、文字通り皮脂が過剰分泌されている肌で、テカリなどの問題が出てきてしまうほか、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビなども起きやすい状態になっています。

 

オイリー肌(脂性肌)になってしまう原因は、様々なことが考えられますが特に大きいのが食生活やホルモンバランスの乱れ、不適切なスキンケアなどが考えられます。

 

脂質や糖質の多い食事は皮脂の過剰分泌につながり、ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが多くなってこれも皮脂の過剰分泌になります。

 

スキンケアが間違っていると乾燥してしまい、その肌を保護するために皮脂が過剰に分泌されるというケースもあります。

 

 

このようなことからオイリー肌(脂性肌)を改善するためには、生活習慣を改善するのと同時にスキンケアの見直しを行うことが大切です。

 

食事はなるべく脂質や糖質を抑えて野菜を中心にバランス良く食事をしていくように心がけ、ホルモンバランスを整えるためにストレスを解消して規則正しい生活を行います。

 

肌が乾燥しているのも皮脂の過剰分泌につながるため、スキンケアは保湿を中心に行っていきます。

 

オールインワンジェルのメリット&デメリットを解説します

 

オールインワンジェルメリットとして、コストパフォーマンスの良さと手軽さが挙げられます。複数の化粧品の効果が1つにまとめられているのが特徴であり、オールインワンジェルの価格そのものは高価になりますが、化粧品を個別に購入した場合の総額としては割りやすくなります。

 

また、1つでケアを済ませることができるため、忙しいときでも時間をかけずに化粧できます。手で顔に触れる回数も抑えられるため刺激が少なくなり、将来的なシミの予防にも繋がります。

 

様々な種類のオールインワンジェルが販売されているため、自分の好みにある商品を選ぶこともできます。

 

オールインワンジェルのデメリットとしては、1つにまとまっていることで融通が利かなくなっていることが挙げられます。

 

通常は化粧水で肌の状態を整えて浸透しやすくしてから次の化粧品を使う、というように複数の化粧品を使うことに意味があります。

 

オールインワンジェルはこの手順がないため、単体で使うと肌に浸透しにくい状態になっているので効果を実感しにくくなります。そのため、他の化粧品と併用して使う人も多いです。肌の状態は体調や季節で異なるため、そのときに合わせて特定の効果に強弱の調整をすると良いですが、これも行えないので不便になります。

 

 

化粧水の役割は?

 

洗顔をしたら、スキンケアとしてまず最初に化粧水をつけるのが基本です。スキンケアに欠かせない化粧水ですが、肌においてどのような役割をしているのでしょうか?

 

化粧水には多くの水分と保湿成分が含まれています。洗顔後の肌をそのまま放置してしまうと、どんどん肌内部の水分が逃げだすような状態が続きますが、化粧水を塗る事によって水分と保湿成分の作用により乾燥を予防する事が可能です。

 

また、保湿だけでなく肌を柔らかくする効果も発揮します。肌の柔軟性がアップする事によって、保湿後に塗る乳液やクリームなどをより、塗り広げやすくするのも化粧水の役割です。

 

スキンケア時に美肌やアンチエイジング効果を求めて、美容液を使いケアする方も多いのではないでしょうか。美容液を塗る前に化粧水でケアしておけば、美容液に含まれる美容成分の浸透力がよりアップします。

 

乾いた土に水を与えても、なかなか内部にまで水分は浸透していきません。肌も同様で乾いた状態だと、いくら良い美容成分を与えても、肌の奥深くにまでは入り難いのです。化粧水でしっかり水分を補っておけば、美容成分もより浸透しやすくなり美容効果を得やすくなるのも、役割の1つと言われています。

 

 

乳液の役割は?

 

スキンケア時に化粧水を塗った後、乳液でケアするのが基本と言われていますが、乳液には肌に対してどのような役割があるのでしょうか?

 

化粧水はほぼ水分で作られていますが、乳液は化粧水とは違い約20%から30%程度の油分が含まれています。化粧水だけでスキンケアをしたとしても、その水分が蒸発しやすい肌状態だった場合、すぐに乾燥してしまいます。

 

補った水分や保湿成分が逃げないようにするには、肌に油分を与えて蓋をするのが大切です。

 

油分が20%から30%含まれている乳液を化粧水でケアした後に塗れば、含まれている油分によって顔に膜ができ、水分を逃げ難くするという役割があります。

 

また、肌を柔らかく保つというのも乳液が持つ役割です。油分で蓋をするのと同時に、その油分で肌をなめらかに柔らかくする効果を発揮します。

 

肌の柔軟性がアップすれば、より肌の奥にまで美容成分が浸透しやすくなるようです。より、スキンケアの効果を高めたい場合は、乳液を使って肌を柔らかくするようにしましょう。

 

油分が含まれている事もあり、肌質によっては大量に塗ると毛穴詰まりや、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。もし、このようなトラブルが起こった場合は、塗る量を調整するなどの工夫が必要です。